住宅ローン借り換え相談で評判なのは?

住宅ローンが低金利になり、借り換えが注目されていますが、特に10年以上前にフラット35を契約した人の借り換えが勧められています。
住宅ローンの金利は変動金利と固定金利がありますが、固定金利の場合、金利が高めに設定されています。
フラット35の場合、契約時に35年後の金利なんて誰も分からないわけですから、銀行にしてみればリスクがあるわけです。
そのため、変動金利よりも高めの金利設定をすることでリスクを軽減しているわけです。
反面、固定金利には安心感がありますから、返済プランや生活設計が立てやすいという魅力もあります。
どうしても固定金利が良いという人は、フラット35からフラット35への借り換えもできますから、窓口で相談することをお勧めします。